トップページ院長・スタッフ紹介施設案内当院の活動お知らせアクセス・地図感染\予\防対策
ホーム > インプラントQ&A

インプラントQ&A

Q.インプラント手術にはなぜCTが必要なんですか

A.今までのインプラントはレントゲンによる骨の検査でした。
レントゲンでは二次元的にしか確認できず、骨の硬さ、立体的な形など実際手術時に歯肉を切ってからでないと確認できませんでした。
しかし、このシステムではCTスキャンによる三次元的な検査により、このようにほねの状態が歯肉をきることなく細部にわたり手に取るようにわかるのです。


Q.従来のインプラントとノーベルガイドインプラントの違いは何ですか?

A.ノーベルガイドは、今までのインプラントとは大きく違います。安全でかつ痛みも大変軽減されます。そして、手術当日に歯が入ります。ただし、条件によっては仮歯が後日になることもあります。


Q.インプラント治療に年齢制限はありますか?

A.最低16歳以上(骨の成長がほぼ終了)で医学的、解剖学的に条件が満たさせている限りどなたでもインプラント治療を受けることができます。年齢の上限はありません。

Q.治療期間はどのくらいかかるのですか?

A.下顎で3ヶ月半、上顎で4カ月くらいです。ただし、上顎洞を持ち上げたり、特殊な手術をした場合は、さらに1〜4カ月くらいかかることもあります。その期間は、治療は必要ではなくただインプラントが骨と結合するのを待つだけです。ですから基本的に通院は必要ありません。

Q.歯槽膿漏でも大丈夫ですか?

A.歯周病治療を受けていただき、衛生状態を完全にして頂き、歯周病菌を排除し健康状態を保って頂きます。そのままではインプラントを入れることはできません。それからインプラントを入れさせて頂きます。

Q.治療の間、歯がないところはどうしますか?

A.仮歯や仮りの入れ歯を入れておきます。見た目にも食事をするにも問題ありません。

Q.硬い食べ物を食べても平気ですか?

A.人工歯をかぶせてからしばらくは、歯に府負担のかからない軟らかい食べ物を中心にお食事をしてください。人工歯がしっかりと馴染んだら硬いものでも大丈夫です。

Q.全身麻酔でも治療ができますか?

A.はい、当院は麻酔認定医の医師と連携しております。

Q.インプラントはどのくらい持ちますか?

A.インプラント体自体は半永久的にもちます。インプラントがダメになる最大の理由は歯周病です。ですから歯周病にならないようにするために定期検診を受けること、かみ合わせの強い方はナイトガードの使用をして頂くことが条件です。

Q.インプラント治療後は特別な手入れが必要ですか?

A.日常の口腔ケアは必ず必要です。インプラントの形態は天然歯と違いがあるのでインプラント用の清掃用具を使用していただき、定期検診を受けていただき、ブラッシング方法の指導・定期的な検査をします。これがインプラントの寿命を長引かせる秘訣です。

Q.インプラントを骨に埋入することで、身体に影響はありますか?

A.インプラントの材質はチタンやチタン合金で作られております。アレルギーがほとんどありません。

Q.インプラント治療の成功率は?

A.インプラント手術においては40年以上の臨床経験があります。現在世界最高峰のノーベルケア社のインプラントを使用しております。本院においては100%に近い成功率を保持しています。

Q.まったく歯が残っていない場合でもインプラント治療はできますか?

A.はい、出来ます。

Q.インプラント手術にはなぜCTが必要なんですか

A.今までのインプラントはレントゲンによる骨の検査でした。
レントゲンでは二次元的にしか確認できず、骨の硬さ、立体的な形など実際手術時に歯肉を切ってからでないと確認できませんでした。
しかし、このシステムではCTスキャンによる三次元的な検査により、このようにほねの状態が歯肉をきることなく細部にわたり手に取るようにわかるのです。


Q.従来のインプラントとノーベルガイドインプラントの違いは何ですか?

A.ノーベルガイドは、今までのインプラントとは大きく違います。安全でかつ痛みも大変軽減されます。そして、手術当日に歯が入ります。ただし、条件によっては仮歯が後日になることもあります。


Q.インプラント治療に年齢制限はありますか?

A.最低186歳以上(骨の成長がほぼ終了)で医学的、解剖学的に条件が満たさせている限りどなたでもインプラント治療を受けることができます。年齢の上限はありません。




Q.治療期間はどのくらいかかるのですか?

A.下顎で3ヶ月半、上顎で4カ月くらいです。ただし、上顎洞を持ち上げたり、特殊な手術をした場合は、さらに1〜4カ月くらいかかることもあります。その期間は、治療は必要ではなくただインプラントが骨と結合するのを待つだけです。ですから基本的に通院は必要ありません。

Q.治療の間、歯がないところはどうしますか?

A.仮歯や仮りの入れ歯を入れておきます。見た目にも食事をするにも問題ありません。

Q.歯槽膿漏でも大丈夫ですか?

A.歯周病治療を受けていただき、衛生状態を完全にして頂き、歯周病菌を排除し健康状態を保って頂きます。そのままではインプラントを入れることはできません。それからインプラントを入れさせて頂きます。


Q.硬い食べ物を食べても平気ですか?

A.人工歯をかぶせてからしばらくは、歯に府負担のかからない軟らかい食べ物を中心にお食事をしてください。人工歯がしっかりと馴染んだら硬いものでも大丈夫です。

Q.インプラントはどのくらい持ちますか?

A.インプラント体自体は半永久的にもちます。インプラントがダメになる最大の理由は歯周病です。ですから歯周病にならないようにするために定期検診を受けること、かみ合わせの強い方はナイトガードの使用をして頂くことが条件です。

Q.全身麻酔でも治療ができますか?

A.はい、当院は麻酔認定医の医師と連携しております。

Q.インプラント治療後は特別な手入れが必要ですか?

A.日常の口腔ケアは必ず必要です。インプラントの形態は天然歯と違いがあるのでインプラント用の清掃用具を使用していただき、定期検診を受けていただき、ブラッシング方法の指導・定期的な検査をします。これがインプラントの寿命を長引かせる秘訣です。

Q.インプラントを骨に埋入することで、身体に影響はありますか?

A.インプラントの材質はチタンやチタン合金で作られております。アレルギーがほとんどありません。


Q.総入れ歯の場合でもインプラント治療はできますか?

A.はい、出来ます。片顎4〜8本のインプラントを入れる事によって、固定式の歯を入れることができます。総入れ歯は使う必要がなくなります。




Q.何回も通院が必要ですか?

A.最低3ヶ月の通院をオススメします。3ヶ月経つと歯周ポケットの細菌数が元のレベルにまで戻るからです。しかし、歯石・プラーク・汚れの状態により、毎月の通院が必要な方から1年毎の通院で良い方まで様々です。




Q.インプラントの患者さんを紹介したいのですが…?

A。是非、お願いします。無料相談をお受け下さい




Q.抜歯してどのくらいの期間でインプラントの手術ができますか?

A.即時インプラントは出来る場合がありますが、普通約3ヶ月の期間を置いてから行います。




Q.事故やスポーツが原因で歯を失ったときでも、インプラントで治せますか?

A.骨の状態を十分精密に検査させて頂き判定させて頂きます。




Q.インプラント認定医による手術は受けられますか?

A.国際口腔インプラント学会・ドイツ口腔インプラント学会の認定医が担当します。




Q.インプラントを入れても頭のCTやMRI検査はできますか?

A.検査は充分安心して受けて下さい。




Q.インプラントが制限されるケースはありますか?

A・.妊娠中(出産後落ち着いてからインプラント手術を受けられるといいでしょう)

 ・全身疾患(糖尿病の方は血糖値レベルのヘモグロビンエーワンシー(HbA1c)の値が7%以下なら大丈夫です。心疾患・脳疾患(心筋梗塞・脳梗塞)を患っている方は、手術を受けてから半年以後に手術を行います。血液凝固因子・腎臓病・肝臓病・骨粗鬆症に異常のある方は殆どの場合治療が可能ですが、治療期間が長くなる場合があります。喫煙される方は、一時的に本数を減らす努力が必要です。)

 ・歯根に感染症のある方歯周病の方(治療を受けて治癒してから手術を受けることになります。)

 ・顎の骨量が少ない方




Qインプラント手術が適応されないケース

A・16歳未満の方(顎の成長が終わっていないため)

 ・歯磨きなど非地上の手入れが十分にコントロールできない方

 ・アルコール依存症の方

 ・精神的に問題のある方




Q.術後、仕事はいつからできますか?

A.術後腫脹が出る方もいますが、翌日には仕事に復帰できます。




Q.術後は痛みますか?

A痛みの感じ方は個人差がありますが、鎮痛剤を服用するとによって抑えることができます。




Q.術後は腫れますか?

A.個人差がありますが、1週間以内に腫れはおさまります。




Q.顎の骨に金属を埋め込んでも大丈夫ですか?

A.チタン製の金属を使いますのでアレルギーは殆どありません。




Q.骨量が少なくてもインプラントはできますか?

A.骨を増やす方法(GBR法)や上顎洞持ち上げたり(サイナストリフト、ソケットリフト)骨の幅が少ない方にはスプリットクレスト法などがありますので医師にご相談ください。




Q.入れ歯とインプラントはどちらが良いですか?

A.義歯の場合は天然歯に比べ咀嚼能率が1/3になります。インプラントの場合は70%〜90%ほどあります。




Q.インプラントはほかの健康な歯に影響は出ないでしょうか?

A.インプラントを入れることによって、他の歯の咬合負担が軽減されます。




Q.一度埋入したインプラントを抜いたあと、同じ個所にまたインプラントは出来ますか?

A太さを変えたり、長さを変えたりして再インプラントすることが可能です。




Q.かみ合わせは大丈夫ですか?

A.咬合は歯科治療において重要です。最善の注意を払ってチェックさせて頂きます。




Q.インプラントの費用を分割できますか?

A分割制度はあります。ご相談ください。




Q.クレジットカードは使用できますか?

A VISA マスターカード、JCBのご利用が可能です。




Q.医療費控除は受けられますか?

A.はい、当然受けることができます。ぜひ忘れないように控除の申請を行って下さい。




Q.無料相談は受けて頂けますか?

A.安心して相談にいらして下さい。




Q.手術時間はどのくらいかかるのですか?

A.本院はノーベルガイドシステムインプラントを採用しておりますので、事前に十分な検査をするため、以前の半分くらいの時間で済みます。




Q.私はインプラントをしたいのですが、友人から反対されました。どうすればいいですが?

A.本院は世界最高峰のノーベルガイドインプラントをしております。手術前の十分な検査・診断・をさせて頂きますので、そこで少しでも危険性のある場合はインプラントの手術はお断りすることがあります。


横田歯科医院
〒543-0023 大阪府大阪市天王寺区味原町13-11-2 味原トータルライフ2F
0120-61-5010

Copyright (c) Yokota Dental Clinic All Rights Reserved.