トップページ院長・スタッフ紹介施設案内当院の活動お知らせアクセス・地図感染\予\防対策
ホーム > 口腔乾燥

口腔乾燥

口腔乾燥(ドライマウス)

口腔乾燥症になると身体の免疫が下がり、歯周病が進行しやすくなります。
本来、歯茎の表面は唾液によって保護されていて抵抗力を維持しています。また、歯周病菌は唾液の中の成分である白血球、リンパ球、貪食細胞によって活動を抑えられています。
口腔乾燥症になると歯周病菌の活動が活発になり、唾液中の免疫細胞が歯茎に到達できないため、歯茎が炎症を起こし腫れ、歯を支えている骨が吸収されるなどの症状が進み、歯周病が悪化してしまいます。
主な症状
食べ物や飲み物が飲み込みにくい
味覚障害
口の中のねばつき
口の中が乾く
歯垢が増える
強い口臭
舌がひび割れる
う蝕ができやすい

原因
糖尿病
薬の副作用
シェーグレン症候群
加齢
ストレス
口呼吸
唾液腺の周囲で行った放射線治療

唾液の分泌を減らしてしまう薬剤
鎮咳剤
パーキンソン病治療薬
抗うつ剤、精神安定剤、マイナートランキライザー
抗ヒスタミン剤、アレルギー疾患治療剤
気管支拡張剤
不眠症治療剤
抗てんかん剤
頻尿治療剤
高脂血症治療剤
胃・十二指腸潰瘍、胃炎治療剤
消化器系鎮痙・鎮痛剤
過敏大腸症治療剤







当院では口腔乾燥症の検査が可能です

治療法
人口唾液:1日に数回口の中にスプレーする
口腔保湿、湿潤剤:口の中を保湿する
薬物療法 
 唾液の分泌を増やす薬(アネトールリチオン、セビメリン、ピロカルピンなど)
 去痰薬(プロムヘキシン、麦門冬湯など
虫歯予防のため、こまめに水を飲む
口腔筋機能療法:口の筋肉を鍛える
唾液腺マッサージ


横田歯科医院
〒543-0023 大阪府大阪市天王寺区味原町13-11-2 味原トータルライフ2F
0120-61-5010

Copyright (c) Yokota Dental Clinic All Rights Reserved.