トップページ院長・スタッフ紹介施設案内当院の活動お知らせアクセス・地図感染\予\防対策
ホーム > 睡眠時無呼吸治療(いびき)

睡眠時無呼吸症候群(いびき)

睡眠時無呼吸症候群とは?


睡眠時無呼吸症候群(Sleep Apnea Syndrome)は、眠っている間に呼吸が止まる病気です。
Sleep Apnea Syndromeの頭文字をとって、「SAS(サス)」とも言われます。
医学的には、10秒以上の気流停止(気道の空気の流れが止まった状態)を無呼吸とし、無呼吸が一晩(7時間の睡眠中)に30回以上、若しくは1時間あたり5回以上あれば、睡眠時無呼吸です。
寝ている間の無呼吸に私たちはなかなか気付くことができないために、検査・治療を受けていない多くの潜在患者がいると推計されています。
この病気が深刻なのは、寝ている間に生じる無呼吸が、起きているときの私たちの活動に様々な影響を及ぼすこと。気付かないうちに日常生活に様々なリスクが生じる可能性があるのです。

マウスピースによる治療

睡眠中、重力の影響で口が開いて舌がのどの奥へ落ち、気道が塞がれてしまうことが一因であるSAS。マウスピースを使うことで、SAS改善に以下のような作用があるそう。

このような症状はありませんか??
閉塞性睡眠時無呼吸症候群(OSAS)とは、肥満・あごが小さいなどが原因で、鼻からのどのかけて空気の通り道が狭くなりいびきや無呼吸・低呼吸が発生し様々な症状をきたす病気のことです。







※上記の内容にひとつでも当てはまれば無呼吸症候群かもしれません










製作回数 2回来院

保険適応(内科および耳鼻咽喉科の診療情報提供書が必要となります)


横田歯科医院
〒543-0023 大阪府大阪市天王寺区味原町13-11-2 味原トータルライフ2F
0120-61-5010

Copyright (c) Yokota Dental Clinic All Rights Reserved.